コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

少女まんが「マーガレット」

「米沢嘉博記念図書館」では、現在

「別マ まんがスクールの成立と鈴木光明展」が行われている。

今月は、くらもちふさこ先生のデビュー作「メガネちゃんのひとりごと」の原画がすべて展示されている。
そして、漫画家であり別マまんがスクール審査委員として、また漫画家育成に力を注いだ鈴木氏と今も活躍している漫画家さんたちとの思い出の品々が展示されている。

とても興味深く、知らなかったくらもち先生たちの青春時代のことが少しわかった。
くらもち先生の原画はもちろん、世に出ていない高校生のころのカラーイラストなど、見逃せない作品が数多く展示してあった。

そして、トークイベントがあったので聞いてきました。

「少女まんが家新人育成の歴史 ~三日月の形のゆりかご~」
講師:笹生那実(元まんが家、旧PN笹尾なおこ)
聞き手:藤本由香里(明治大学国際日本学部長教授)

マーガレットが創刊されたのが1963年。
70年代まで少女漫画がバカにされてきた時代。
そんな中、71年に別マではまんがスクール審査が始まった。
今も活躍されている数々の先生たちがこぞって応募している。
そして、鈴木氏は審査員でもありながら、若手の育成に力を注ぎ「三日月会」なる会合を開いていたそうだ。
プロアマを問わず集まっていたまんが家たちを指導していた。

そんな中に、私が敬愛するくらもちふさこ先生がいたそうだ。
若かりし先生は何を考えてどのような青春を過ごしていたのだろう。

そうかそういう時代があって先生方は今も活躍していらっしゃるのか。
ファンとしては、なんだか初めて先生に出会った気がした。

くらもち先生、先生の青春はどんなでした?


「別マ まんがスクールの成立と鈴木光明展」
2015年2月1日まで

くらもち先生の原画展示は、今月30日までです。
スポンサーサイト
FC2カウンター
リンク
プロフィール

AYAKO

Author:AYAKO
「ころぼっくる はうす」へようこそ!
羊毛フェルトで可愛い動物たちを作っています。
これからもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。