コンテントヘッダー

もうすぐゴールデンウィーク

こんにちは、ご無沙汰しております。

皆様にお知らせが遅くなりましたが、来年3月までこちら札幌にいることが決まりました。
主人の札幌赴任から3年が過ぎ、主人は東京へ帰ることを申し出たのですが、もう少し留まって欲しいと言われ留まることになりました。
もし主人が東京へ帰ることになれば、私とカガリは安いアパートでも捜して残ろうかとも思っていました。
理由は、東京ではかがりのアレルギーが凄くて可哀想だから。

兎にも角にも、主人と一緒にこのマンションを出ることなくあと1年暮らせることとなり、すごく嬉しいです。
カガリの眼もあれからは悪くならず、原っぱで元気にボール投げをして遊んでいます。

札幌はようやく雪が完全になくなり(見える手稲山の上は雪だらけですが)15度くらいの良い陽気が続いています。
雪が無くなり子供たちも新学期とともに公園で遊ぶようになりました。
ワイワイガヤガヤ 長い冬から解放され元気に遊んでいます。

こちらの花見はゴールデンウイークごろでしょう。
短い春を満喫出来る良い季節です。
コンテントヘッダー

くらもちふさこさまへ

くらもちふ先生 お誕生日おめでとうございます!

心からお祝い申し上げます。

そして、

第21回手塚治虫文化賞 マンガ大賞受賞おめでとうございます!

こんな素晴らしい賞を受賞されて 心からお祝い申し上げます。

素敵な誕生日を迎えられて 私も本当に嬉しです。

これからも沢山の幸せが先生に降り注ぎますように。。。
コンテントヘッダー

少女まんが「マーガレット」

「米沢嘉博記念図書館」では、現在

「別マ まんがスクールの成立と鈴木光明展」が行われている。

今月は、くらもちふさこ先生のデビュー作「メガネちゃんのひとりごと」の原画がすべて展示されている。
そして、漫画家であり別マまんがスクール審査委員として、また漫画家育成に力を注いだ鈴木氏と今も活躍している漫画家さんたちとの思い出の品々が展示されている。

とても興味深く、知らなかったくらもち先生たちの青春時代のことが少しわかった。
くらもち先生の原画はもちろん、世に出ていない高校生のころのカラーイラストなど、見逃せない作品が数多く展示してあった。

そして、トークイベントがあったので聞いてきました。

「少女まんが家新人育成の歴史 ~三日月の形のゆりかご~」
講師:笹生那実(元まんが家、旧PN笹尾なおこ)
聞き手:藤本由香里(明治大学国際日本学部長教授)

マーガレットが創刊されたのが1963年。
70年代まで少女漫画がバカにされてきた時代。
そんな中、71年に別マではまんがスクール審査が始まった。
今も活躍されている数々の先生たちがこぞって応募している。
そして、鈴木氏は審査員でもありながら、若手の育成に力を注ぎ「三日月会」なる会合を開いていたそうだ。
プロアマを問わず集まっていたまんが家たちを指導していた。

そんな中に、私が敬愛するくらもちふさこ先生がいたそうだ。
若かりし先生は何を考えてどのような青春を過ごしていたのだろう。

そうかそういう時代があって先生方は今も活躍していらっしゃるのか。
ファンとしては、なんだか初めて先生に出会った気がした。

くらもち先生、先生の青春はどんなでした?


「別マ まんがスクールの成立と鈴木光明展」
2015年2月1日まで

くらもち先生の原画展示は、今月30日までです。
コンテントヘッダー

宝塚歌劇

雪組「一夢庵風流記 前田慶次」
昨日、姪と一緒に観に行きました。

姪は初めての宝塚。
姪もモダンバレーをしているのですが、小さいころから一緒に踊りを習っていた友人がこの舞台に出ているのです。
その友人はまだ舞台に立って3年目。
まだセリフをもらえない。

姪は、みんな恰好いい!と喜んでいた。
今回は初めての宝塚と言うことで、私のおごりでした。
自腹でも来たい?と聞くと、来たい!と答えてくれた。

この舞台は壮一帆さんのトップ引退の舞台でした。
和物の物語だったので、グランドレビューの華やかさが倍増したように感じました。

やっぱり 壮さん素敵!
相手役の愛加あゆさんも素敵!

宝塚引退は残念だけど、これからのご活躍をお祈りいたします。
コンテントヘッダー

写真をアップしました

大変おそくなりましたが、出店する人形の写真をアップしました。

「出店作品」からお入りください。

皆様、ドールズ・パーティ でお待ちしております。
FC2カウンター
リンク
プロフィール

AYAKO

Author:AYAKO
「ころぼっくる はうす」へようこそ!
羊毛フェルトで可愛い動物たちを作っています。
これからもよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード